読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなたんとなっちゃん

皆様はじめまして、ひなたん&なっちゃんのパパDです。ひなたん&なっちゃんの日常風景を勝手にお届けします。

ひなたんの挑戦

皆様おはようございます、Dです。

 

本日は昨日のDの意志を継ぐ者 ひなたんの出来事...


夜ご飯を食べ終え、テレビを見ていると...


D「ん?ひなたんがいない...しかも静かだ...」


ひなたんがいない&静かな状況は、確実にひなたんがイタズラに夢中な時である。


D「ひなた~ん...どこいった...」


辺りを見渡すと...テーブルの陰にチビ怪獣を発見!


D「ひなたん何してるの??」


ひなたん「...」


D「シカトかい!...ん?」


ひなたんが何か持ってる...


D「何それ?...」


ひなたん「...」


見ると手にはペットボトル。


営業D「のど渇いたの??」


ひなたん「...」


ひなたんはのどが渇いていたら、コップを持って走ってきます。(^_^;)


なので、ひなたんは静かに黙々とペットボトルの蓋を開ける事に挑戦していたのだ...


その様子がこんな感じです。

f:id:chibihinatan:20160913111523j:plain

黙々と頑張るひなたん...


D「ひなたんにはまだ無理だって」


ひなたん「...」


D「ねぇ...ひなたん」


ひなたん「...」


諦めないひなたん...

f:id:chibihinatan:20160913111627j:plain


D「なかなか粘るね...(^▽^;)」


D「残念でした~諦めな!」


そう言うと黙々とキャップを回していたひなたんが急に!!

f:id:chibihinatan:20160913111720j:plain

「うるさい!!」といわんばかりに鋭い目つきで睨んできました!!*1

 

その鋭い眼光で気絶しかけるD...


D「はっ!!こ、これは覇気!!?」


D「ひ、ひなたんが怒ってる( ̄Д ̄;;」


これ以上怒らせては面倒な事になると思い、Dはそ~っと退散...


ひなたんはこの後も一生懸命回しておりましたが、急に飽きた様で、気づいたら滑り台を滑って遊んでおりました!f^_^;
※ちなみに今は軽々開けれるようになりました。

感情が出てきたり、いろいろと挑戦するなど日々成長を感じる毎日です...

 

 

 

すいません...他愛もない話で...

 

*1:>д<